そもそも権利書のもつ役割とは、その土地が登記されていることを証明することであり

少しでも早く不動産の売却を完了したいと思っていたら、一番確かだといえる方法になるのが買い手を探すのではなく、業者に買取をおねがいすることになるんです。 買い手をみつけるまでの通常の手順を省くことが出来るでしょうから、これ...

どの程度までやるか等を検討しますが、相手の希望の度合いにもよるでしょう

債権者による抵当権がついていない土地家屋なら取引上は何の支障もないのですが、債務を完済していない状態での売買となると厄介です。 一般に、抵当権がついたままの土地や家屋は売買不可能です。 残る手段として有効なのが任意売却制...

既に不動産屋と専任媒介契約をしたのに、不動産屋をとおさずに購入者を捜し出

多くの不動産会社では物件売買の仲介としての立場を取りますが、会社次第では、直接買取をしてくれることもあるのです。方法としては、買取可能な業者に査定を依頼し、査定額に問題なければ、売却の契約を結びます。売りづらい物件を仲介...

目に見えて内覧者が持つ印象に関わりそうな部分を集中的に選ぶのがコスパがいいでしょう

売却予定の物件が心理的瑕疵物件であれば、きちんと明記しましょう。 そもそも心理的瑕疵物件とは、物件に不具合はないものの、買った人が心理的なストレスを発生しうる問題のある不動産物件です。具体的には、前に住んでいた人が孤独死...